• TOP
  • ニュース&トピックス
  • 名古屋工業大学 若手研究イノベータ養成センター 若土 弘樹助教の研究サマリーをご紹介いたします
助成事業

名古屋工業大学 若手研究イノベータ養成センター 若土 弘樹助教の研究サマリーをご紹介いたします

【研究者】名古屋工業大学 若手研究イノベータ養成センター 若土 弘樹助教
【研究テーマ】波形選択性:同一周波数を識別する新規特性
【研究期間】2016.4.1~2018.3.31
【サマリー】一般に電磁研究分野では、周波数が固定された場合の各材料の振る舞いは常に一定と理解されてきた。これに対し、近年研究代表者らはメタサーフェスと呼ばれる人工材料にダイオードなどの回路素子を統合することで、新規電磁特性「波形選択性」を作り出すことに成功した。この波形選択メタサーフェスは同一周波数においても波形、すなわちパルス幅の違いを検出することで、異なる電波を選別できる特徴を持っていた。本研究課題では波形選択性による具体的なアプリケーション開発の一環として、通信応用に関わる課題解決に取り組んだ。特に、波形選択性の多様な周波数帯への拡張と角度特性の解明など、より現実的な通信環境を想定した評価に焦点を当てた。その結果、適切な設計諸元を与えることで、幅広い条件下において波形選択性を実現できることが明らかになった。今後の課題として、これまでの基礎電磁特性(散乱パラメータや吸収率など)による評価だけではなく、通信特性による評価を実施予定である。また、アンテナなど通信デバイスへの統合時(実使用)における評価も課題の一つとして挙げられる。