• TOP
  • ニュース&トピックス
  • 【海外プロジェクトレポート】ネパールでの「スマートネットワーク技術を活用した市民サービスの展開強化」プロジェクト完成式典
国際協力事業

【海外プロジェクトレポート】ネパールでの「スマートネットワーク技術を活用した市民サービスの展開強化」プロジェクト完成式典

2月25日、ネパール西部のカルナリ州ダレイク郡ダル村にて、KDDI財団が現地NGOと協働して取り組んでいたプロジェクト「スマートネットワーク技術を活用した行政サービスの展開強化」についての完成式典が開催されました。

▲ネパールのダハル首相へ表敬訪問

カトマンズから西へ約400kmの距離にある山に囲まれたルーラルエリアで実施したこのプロジェクトは、日本の総務省が予算を支援するAPT(アジア・太平洋電気通信共同体)の過疎地におけるICTパイロットプロジェクトの一環として取り組んだものです。
簡易敷設できる日本製の光ファイバーや、災害等での強靭性を担保したネットワーク(NerveNet)にて村内LANを構築し、行政・医療・教育といったアプリケーションを開発・実装した事によって、同村のデジタライゼーションを加速し、住民サービス向上の具体的実証を成功させることができました。またネパール国内に留まらず、広くアジア太平洋地域全体へ紹介できる好事例になりました。

完成式典当日はカルナリ州選出の地元議員 Ghanshyam Bhandari氏やダル村村長 Bharat Prasad Rijal氏にご臨席いただき、プロジェクトの成功を宣言するとともにKDDI財団が寄贈した各種医療機器とともにプロジェクトの成果物をダル村へ引き継ぎました。今回開発した各種アプリは既に病院、中学校、役所等にて実利用されているばかりでなく、村予算を費やして全小中学校をネットワークで結ぶ継続的なプロジェクトに発展することが約束されており、APTプロジェクトをきっかけに行政を巻き込んだサステナブルな格差解消の取り組みへと発展しています。

式典終了後、首都カトマンズにてPushpa Kamal Dahal首相へ表敬訪問が実現し、本プロジェクトの成果を報告しました。Dahal首相からは当財団の献身的な取り組みを評価していただいた上で、首相府からの必要な協力は惜しまない旨のお言葉をいただきました。

KDDI財団では引き続き、ネパールにおいて生活向上のためのプロジェクトを進めていきます。

▲完成式典において、ヒマラヤ山脈をバックに村役場で記念撮影

▲ダル村長との記念品交換

▲カルナリ州議会議員との記念品交換

▲ダル病院前での集合写真

▲現地の中学生とも交流

▲ダル村の最奥集落にある診療所での集合写真

▲本プロジェクトで建設した無線タワーと光配線